LINEで送る  

口内環境の達人※歯周病の情報

 

口が臭い!なんて昔は酔っぱらって夜の電車に乗っているおじさんの話でした。
最近は、若い人でも歯周病が流行っています。そのままにしておくと・・。
若いのにおじさんと同じ息の臭さになります。(^。^)

 

そんな口臭に関してのニュースです。


口内環境の達人※歯周病の情報記事一覧

前にもそんな事を書いたと思うのですが。歯が白くなる。食材だったと思います。しかし、口臭にも効果的でなのですね。正式名称はカカオニブです。カカオの豆を砕いたものです。なかなかそのままは食べる気にはなりませんけれどね。カカオ成分が多いチョコレートでも代用できますね。ここは含有量の多い80%のチョコが良いと思います。しかしチョコレートは溶けてくるのが難点ですけれどね。いろいろな効果があるカカオ。カカオが...

歯周病と知覚過敏を予防する。ハミガキだ。言っておくが予防なので治りはしない。主な成分と役割硝酸カリウムで歯がしみるのを防ぐβ-グリチルレチンが酸歯槽膿漏予防β-グリチルレチンは酸歯肉炎予防フッ素はむし歯予防最近は、こういった薬用歯磨き粉が良く新発売される。いいことですね。昔は、こんなに種類はなかったかな。歯周病より歯槽膿漏と言っていた時代です。私の若いころは、ホワイトアンドホワイトなどの歯を白く!...

コーヒーが歯周病の予防に!ということがボストン大学で研究されたということだ。長年の研究・調査により、コーヒーの抗酸化作用が良い。ということなのだけれど。ボストンと言えばアメリカ。アメリカ人はこの発表をどう思っているのだろうか?毎日、毎日、私よりコーヒーを飲んでいるのであろう。そんな話を聞いたら、「おーまいごっと!」と言いそうである。私でさえコーヒーは毎日5杯は飲んでいる。はっきり言うと全然効果は無...

花王から、「ビュオーラ アクア」という歯磨き粉が発売される。10・11発売この歯磨き粉、年齢とともに乾く口の中に潤いを!という歯磨き粉です。唾液不足が口臭の原因なのですが、さすがに唾液を増やす歯磨き粉ではないそうだ。年寄り向きである。年をとると唾液が減るのだ!まあ、若い時に比べ、腹も減らんしな。しかし、いろんな商品を考案するな。日本人は外国人(西洋)の人と比べ唾液の量が少ない。のはご存知であろうか...

歯周病と言えば、歯茎が下がる。歯を支える骨が解ける。などの症状があります。歯を支える骨が解けると、インプラントもできません。インプラント専門お歯医者さんはにとっては歯周病は、最大の敵です。これをなんとか再生できないものか?今回の再生医療というのは、歯周病で開いたポケットに歯茎の細胞を入れて再生させる。というものです。九州の大学でその治療技術を研究しています。スフェロイドというのがキーマンです。スフ...

食べるときによく噛んで食べなさい30回。とよく耳にしますが、これは唾液を十分に出して、その抗菌作用によって虫歯や歯周病になりにくくする。口臭も予防できる。という理由からです。今の人は、昔の人に比べて1/6くらいしか噛まないということです。10回ほど多く噛めばよいらしいのですが・・。(なんでわかるんだ?)昔の食べ物は、みんな固いものばかりだったのでしょう。想像がつきますね。固いものを食べるから、よく...

昔は、せっけんと言えばシャボン玉というくらい有名だったのですけれど。最近は、石けんで体を洗う人も少なくなりました。液体石けんシャワーソープばかりですね。そんなシャボン玉石けんが薬用せっけんはみがきを発売するそうです。天然塩がきいたビシッと引き締め効果もあるそうです。とにかく体に優しい成分と口コミ合成界面活性剤、サッカリン、防腐剤を使っていない。口コミ歯がツルツルになる。安い!舌がヒリヒリしない!子...

リンゴをかじると歯茎から・・むかしのCMでこんなのがありましたね。若い人も歯周病!気が付いていない人も多いです。コエンザイムQ10も初めは注目されていましたが、今ではあまり聞きません。しかし、抗酸化作用があることで、歯周病には良い。ということです。 唾液が多く出る。というのが理由です。前の記事では、昔の人は固いものを噛んでいるから唾液が出て抗酸化作用がある。ということでしたけれどそんなことをしなく...