LINEで送る  

抗生物質を飲んでも効かない!おたふく風邪(流行性耳下腺炎)

歯周病よもやま話

 

先週の金曜日から会社をお休みしているエハラである。
金曜日の午後からお休みをしてプールでひと泳ぎしてやろうと企んでいたのだが・・。

 

朝の三時ころ、トイレに起きた時はなんともなかったのだ。
ところが朝起ると体が重い。体温を測ると37.8℃であった。それでもプールに行きたいので頑張ったのだがな。
午後になると39℃になり万事休すだった。くそ~!

 

翌日の土曜日は、なんか左のほっぺあたりが痛い。どうしたのだ?
そんなはずはない。実は歯周病の予感がして夜寝る前にジスロマックを久しぶり(1年ぶり)に飲んで寝たのだ。

 

しかし、噛み締めても歯茎は痛くない。しかし、ほっぺが腫れている。あれ!どうしたことか?

病院勤務から帰った奥さんに聞くと。

奥さん「おたふくじゃないの?」
エハラ「えっ~おたふく!あの子供がかかる、あれか!」
まさか、いいオヤジが今更おたふくなどかかるハズはない!
しかし、症状が次から次と当てはまるのだ。どういうことだ。

 

例えば、唾液腺が炎症を起こす。

確かに食べ物を食べると瞬間しびれる感じだ。
顔も腫れてるし・・。味もわからんし、口も大きく開けられん!
奥さんはうすら笑いを浮かべて、ワシを見るのだ。
けしからん!ワシを小馬鹿にしよって!

 

大人の場合は髄膜炎や難聴になるとヤバイ!

それと睾丸が腫れるという。これが「おたふくで種無しに!」のゆえんである。
ワシは、もう子供など頼んでも欲しくないので関係ないが。

 

原因はムンプスウイルスに感染したからだ。

潜伏期間が2~3週間というが、どこでうつされたのだろう?子供など触ってもいないぞ?
さては、スポーツジムだな、あそこには子供がうじゃうじゃいるからな。空気感染するというからそれしかない。

 

おたふくかぜ予防接種を受けたと思うがなんでだ?

一生ものでは無いということだな。(子供の時に確か受けたような気がするぞ。)
一度、予防接種を受けると症状は軽いという。
だから、こんな記事も書いていられるわけだな。

 

ウィルス性の感染症にはジスロマックは効果なし!

水疱瘡やインフルエンザはあるというのにおたふく風邪ワクチンがないとは何事か!
まあ、大したウィルスではないから、寝てるのが一番ということである。
ジスロマックのような抗生剤は細菌性の感染症に効果がある。従って、全く意味がなかったのである。
しかし、人生いろいろあるのぉ~。

 

歯周病よもやま話

会社の連中にラインしたのだが、もう、おたふくさんと言われてしまっている。

おたふく係長なんて陰口を叩かれたらたまらんな!