なんでストレスで尿酸値が上がるのか?ストレスなんぞ関係あるのかぁ?

  LINEで送る

なんでストレスで尿酸値が上がるのか?ストレスなんぞ関係あるのかぁ?

尿酸値 ストレス

よく尿酸値や病気に関する改善方で「ストレスを貯めない!」なんて事が書かれている。

このストレス社会で「ストレスを貯めない!」なんて出来るはずもなく、なんでか?と言う意味さえ明確な答えが書いていない。

 

尿酸値 ストレス

 

ただ、ストレスは良くない!とは、ワシを馬鹿にしとるのか!なんて思っていのだが、先日のyahooニュースで尿酸値とストレス関係を解明した記事が出ていた。

 

「尿酸と活性酸素を生み出す酵素である「XOR」がストレスで内臓脂肪や肝臓、小腸に誘導され、血中尿酸値が上昇。内臓脂肪に酸化ストレスと慢性炎症を引き起こす。」

 

尿酸値を下げる薬で人気のフェブリクも「XOR」と関係がある。

尿酸は、核酸からプリン体→ヒポキサンチン→キサンチンを経て造られるのだが、この過程のうち、ヒポキサンチンから尿酸へ変わる際に重要な物質がキサンチンオキシダーゼ(XOR)という酵素(キサンチン酸化還元酵素)なのである。

 

フェブリクは、キサンチンオキシダーゼの働きをじゃますることで尿酸をできにくくするのだ。という事でキサンチンオキシダーゼ阻害薬(XOR阻害薬)と呼ばれている。

という事である。まだ、マウス実験の段階だがこれからを期待したい。

 

これだけのニュース記事では、XORがストレスでなんで誘導されるのだ?誘導されるとなんで尿酸値が上がるのか?がわからないけどな。

 

そのうち、ストレスを貯めても「XOR」が誘導されない薬が開発されるのだろうか?ストレスを貯めない。なんて事は出来ないのだからな。

 

ストレスが無いと生命エネルギーが弱る!

チョット関係ない話なのだが、ストレスが無い状態は生命力がダウンする。逆にストレスがある方が生命力が強くなる。これは大自然の摂理である。

 

尿酸値 ストレス

 

大昔は、食べなきゃ死ぬからな。獲物を捕りに狩りに行かねばならない。

 

「まったく!マンモスなんかと戦えるかよ。おっかね~!」 ※命がけで、凄いストレスだな。

 

なんて思った原始人もいただろう。

 

尿酸値 ストレス

 

やりたくないけど、やらねばならない!

 

それが生命維持装置が働き、生命力が強くなる要因なのである。

 

逆にストレスがなんもないと生命維持装置がヘナチョコで早死にするのである。