【緊急記者会見】世の中で一番安くて体に良い飲み物とは?

緊急記者会見_001
ehara

世の中で一番身近な飲み物といえば水。タダみたいなものだ。
そんな事は当たり前りの話。

水もちょっとした手間で体に良い飲み物に生まれ変わる。
それは、白湯(さゆ)だ。50℃位のお湯のことだ。

白湯というと体の弱った人が飲む飲み物という認識だ。
なんで病人が飲むかというと胃腸・内蔵に負担が掛からないからだ。

内蔵を温めることは基礎代謝向上につながる。約10%ほど上がる。
特に40歳も超えると内蔵の動きも悪くなるのはオヤジになれば実感できる。
その弱った内蔵を若い頃のように活発に出来るのだ。
活発になるということは脂肪分解・毒素の排出など、良い事づくめなのです。

あとは、歳を取ると血行が悪くなる。冷え性や疲れなど血行不良で起きるものだ。
そんなことも内蔵を温めることで改善することができる。
スグレモノなのだ。

飲み方
朝寝起きに一杯。100ccくらいで良い。噛むようにゆっくりと飲む。
それをこまめに摂取するのだ。白湯くらいならポットに入れて持ち運べる。
温度は50度位。熱すぎても冷たすぎても内蔵に負担がかかる。
回数など個人に任せる。量は1L以下で良い。

お茶や他の飲み物は?
わざわざ余計な成分など必要などない!
健康茶やいろんな飲み物が世の中で出回っているが便秘以外に効果があるお茶など飲んだ事などない。

これは健康に良い!なんて聞き飽きたぞ。
いろんなお茶を探してきては販売している。プーアール茶や杜仲茶。
そんなもの現地の人にとっては当たり前のお茶なのだ。

なんで日本人だけ健康になれるのだ!特殊な焙煎、とか抽出で!なんて言っているが、効果があるお茶など滅多に当たらない。
うちの親父の特製ごぼう茶の方が効果的だ!

あれやこれやとイラン成分ばかり体に入れて余計に内臓に負担をかける事になる。
水分はそのままで良いのだ。

内蔵を温める!ぜひ実践して欲しい項目だ。

この白湯のことは、先日ガンから生還したじいさんに教わったものだ。
私が会社でコーヒーを飲んでいると
「なにそんな体に悪いものばかり飲んで!白湯が一番!」
と言われていたのである。

試しに実践してみると。何か調子が良くなった。
私と仲間達は、パナジウム天然水で行っている。同じじゃ能がないからな。
得意のどうせやるなら!の精神である。

冷えは血行不良の元凶なのだ。体だけでなく内蔵も同じ事なのである。
考えてみれば理屈はわかる。

冷たいのはもってのほかだが、熱すぎるのも負担がかかる。
白湯が一番!

お医者の言うことはわからん。
尿酸値を下げるために2Lも冷たい水を毎日ガブガブ飲め!などと言うお医者の気がしれない。薬は白湯でなんで尿酸値は水なのだ。
私の場合は天然水の白湯を飲んでいる。元々川の水など飲みたくないしな。

冷たい水はイカン。確実に腹の調子が悪くなるからな。冬は最悪である。
なんでお医者は「冬は水ではなく白湯にして下さい。」くらいの事を言えんのだ。
その位の心配りができんでどうする!

この記事のまとめ この記事のまとめ
体だげではなく内蔵も血行を良くすると代謝が良くなり、毒素(尿酸)の排出も活発になる。
SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>