MENU
LINEで送る

時には薬価の金額が変わるのだ!どんな場合に変わるのか?

 
薬価ってなんだ?

要するに薬の値段のことである。その元になる点数の事。
これは、何十年前から1点、10円である。
計算しやすくていいな。

 

しかし、値段が変わる場合もある。

1点10円は、自分が具合が悪くなったり怪我したりした時に病院に来る場合である。

交通事故で怪我をした!

そんな時は、殆どが相手の保険会社の支払いになる。
保険会社が支払う場合は1点、10円ではないのである。
なんだかわからんが、1点、10円以上になる。上限20円までかな。えらい割高だな。

 

そんな事されたら、保険会社が黙っていないぞ!でも、そうでもないのである。
どうしてだ?保険会社になんか良い事があるに違いない!そうでなきゃ黙ってないからな。

 

もう一つある。

労災である。これも1点、20円までは、いかないが高い!おまけにやたらに手間がかかる。要するに面倒なのである。労災と言えば国費!わざと面倒にしているに違いない!という事で労災指定病院なんて事は接骨医とか外科が仕方なくやっている。