メニュー
  LINEで送る

急性副鼻腔炎(蓄膿症)に効く漢方の薬も調べてみました。

 

ツムラの医薬用漢方製剤

という小冊子、というか手帳による。
たしか、数年前に奥さんか妹にもらったのです。
急性副鼻腔炎に効く漢方の薬を調べました。参考にしてください。

 

漢方製剤 NO.2

ツムラ葛根湯加川?辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

鼻つまり、蓄膿症、慢性鼻炎
慢性化した時に用いる。という事です。

 

後鼻ろうに効く漢方薬

漢方製剤 NO.104

ツムラ辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

膿性鼻漏・後鼻漏(こうびろう)

 

※これは小林製薬のチクナインの元である。なんだ!名前を変えればいいというものではないぞ。

後鼻漏(こうびろう)ってなんだろう?

鼻とのどはつながっている。鼻水が鼻から口にいってしまう事です。
副鼻腔炎が原因で後鼻漏(こうびろう)になる事もあるようです。
こんな事が四六時中続くと困りものですね。

副作用として

肝臓の数値が上がることもある。ガンマなど
どちらの漢方薬も使用目標に

  • 比較的体力がある人。
  • 慢性化している場合。

と明記されていました。

 

しかし、漢方薬は読み方が難しい、というか読めないなぁ・・。
漢字も変換できないし。

 

漢方製剤.NO.50

ツムラ荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

肌が浅黒い人で副鼻腔・扁桃に用いられる。

 

よく漢方は肌の色、のことが書いてありますが、顔色でその人の病状などがわかる
という事なのです。
ちなみに黒ぽい人は、血の巡りが悪い。肝臓が弱っている。という事です。
これは、当たっていますね。
私の友人でお酒が好きで、肝臓が弱っている人がいるんですが
顔色がどす黒いです。私もそういう時期がありました。