メニュー
  LINEで送る

副鼻腔炎の民間療法だ!

私エハラは、民間療法が好きだ。
なんか特した気分になれるからだ!

大文字で書く程の事でもないのだがな。

 

副鼻腔炎の民間療法だ!むかしの薬のない時人たちの生活の知恵なのだ。
身近なものを利用するなので金がかからん!というのが味噌だぞ。
なんでもかんでも薬に頼るのはイカンからな!
この方法は副作用など気にせんでいいぞ。

 

用意するもの。

  • どくだみの葉

それだけ。

 

こんなのは自宅の裏や公園を歩くとたやすく見つけることができるのだ。
ジメッとしたところに生えてるな。
たまに白い花が咲いていることもある。5月から7月頃だな。

 

どくだみの主成分

ラウリルアルデヒド - デカノイルアセトアルデヒドともに抗菌作用がある。

    やり方
  1. このどくだみの葉2枚を洗う。
  2. それを揉む。
  3. まるめて鼻の穴に突っ込む。
  4. 30分間、テレビを見ながら放置だ!

※片方ずつ突っ込むのだ!でないと息苦しいぞ。30分も持たん!

 

それだけである。3週間も続けると・・・。
鼻づまりが収まるのだ!すごいだろう。
おまけに粘膜の炎症も抑えてくれるのだぞ!
さすがどくだみ!

 

しかし・・。3週間もこんなことやってられんなぁ。
昔の人は今みたいに忙しくないからなぁ。これがネックである。