メニュー
  LINEで送る

歯周病が副鼻腔炎の原因にもなる。

オヤジというか成人の80%が歯周病と言われる昨今。
国民病なのである。
テレビCMで歯周病専用歯磨き粉が多いこと多いこと。
苦しんでいる人が多い証拠である。

 

 

帰りの電車に乗っても、となりのオヤジ歯周病だな!とわかる。
匂いが独特なのでな。
オヤジにとってリステリンは必需品だ!
ほとんどのオヤジが同じ匂いがする。私もそうなのかもしれんがな・・。

 

これを見ているあなたも多分、大なれ小なれ歯周病に感染している。

歯周病になんで感染するのか?

細菌やウイルスはどこにでもいる。そう口の中にもな。
年をとり、免疫力が弱くなると、いつ感染してもおかしくないのである。
タバコを吸ったことがある人も多いだろう。それも原因の1つだ。
とにかく日頃の予防が一番なのである。

 

なんで副鼻腔炎の原因になるのか?

歯周病と急性副鼻腔炎などは細菌やウィルスが原因だからだ。
要するに歯周病の原因菌が副鼻腔に回ってしまうのである。
同じ粘膜感染だからな。

 

ということでどの歯が影響あるのか?

上の奥歯付近の歯である。第一大臼歯(じょうがくだいいちだいきゅうし)である。
最も虫歯になりやすい歯なのである。

 

 

この歯が歯周病に犯されると副鼻腔炎になりやすい。
副鼻腔炎で歯が痛い!などの症状があった場合は疑ってみることだ。
えっ!と思った場合は歯医者にいくしかないな。

 

幸い私は、そんなことがなかったのだが・・。
私も歯周病には、長年苦しんでいた。
ほんとに厄介な病気である。慢性副鼻腔と似たようなもんである。
歯周病は歯を抜いてしまえば治る。

 

しかし、最後は入れ歯になってしまう。
これも困るな。