一般的なオヤジの食生活でプリン体はどのくらいになるのだろう?

  LINEで送る

一般的なオヤジの食生活でプリン体はどのくらいになるのだろう?

一般的なオヤジの食生活でプリン体はどのくらいになるのだろう?
和風メニューで計算してみた。

 

食材だけのプリン体の量がどうこう言っても、なんだかわかりにくい!
という事で、一般的な食事でプリン体を1日どのくらい摂取するかイメージしてみた。

 

  • サケ切り身 95.5mg(80g)
  • 味噌汁 6.4mg
  • ご飯 20.7mg (ご飯1杯180g分)
  • 生卵 0.0mg (1個)※意外である。

  計 122.6mg

 

  • とんかつ(ロース)130mg
  • キャベツ ※尿酸値を下げる作用があるのでここは0とした。
  • ご飯  20.7mg (ご飯1杯180g分)
  • 味噌汁 6.4mg

  計 157.1mg 

 

  • ビール500ml 25mg (5mg/100mL)
  • 焼酎300ml 0.0mg ※これは有名な話である。

※このくらいは飲むだろう!

 

つまみ

  • 焼き鳥 5本 350mg(1本70mg)
  • から揚げ  80mg
  • やっこ  31mg (1/3)
  • モツ煮込み 60mg

  計 546mg

 

合計    825.7mg(朝・昼・夜) 
おっと!この程度の食事でこんなにプリン体を摂取してしまうのか!

 

痛風のガイドラインによると1日のプリン体摂取量は400mg
私の計算も大雑把であるがそれを含めても無理じゃないか?
この数値は・・。
まあ、国で決める数値などいい加減なものである。
そのとうりにしていたらそれこそ僧侶である。
ただの僧侶ではなく修行僧なみの食生活でなければいかん。

 

とは言っても!
上記の数値をよく見るとわかるのだが、
朝昼のプリン体量は122.6+157.1=279.7mgである。大したことは無い。
問題は、夜だ、居酒屋だ。
しかし、ここもよく見ると焼き鳥君がずば抜けて高いがそれ以外は大したことは無い。

 

この焼き鳥を無くせば全体で825(全体)-350(焼き鳥)=475mgに落ちるのだ!
それでも475mgなのでけれども・・。

 

ここは、焼き鳥を違うものに替えることでプリン体摂取量を抑えることができる。

 

例えば

焼き鳥をさつま揚げに!
12.8mg/60gのプリン体。たとえ60g×3個を食べても38.4mgである。
180gもさつま揚げを食べれば十分だろう。

 

エリンギを使った料理
エリンギのプリン体量は6.7mg/50gと、数値が高そうなきのこ類の中では少ない。

 

魚であれば

  • ワカサギのプリン体量は94.8mg/100g(5尾)と以外にも低めだ。
  • ハタハタ 19.7mg (1尾50g)これも低めだ。

 

こんな感じで少し変えてやれば、400mgは無理だげれども500mg位で抑えることができる。出来もしない、1日400mgなどと言われると初めからやる気がなくなるのが人情である。
ここは、1日500mgのプリン体量で抑えることを目標にしてはいかがだろうか。

 

実際、1日500mgに抑えたら痛風にはならない。
ガイドラインなど大袈裟な数値をとりあえず言うからな。

 

私の会社の痛風オールスターズの間ではプリン体摂取量 
1日500mgを目標としている。

 

このサイトでの勝手な推奨値は!

目標 プリン体摂取量 1日500mgだ!

 

 

 

いきなりですが!

足が痛い!メタボおねぇ課長の尿酸値を下げる日々

 

マンガで見る尿酸値対策
更新中です。