薬を飲まず尿酸値を下げる!サプリ?それとも枝豆・もずく 酢・豆乳・クルミ・クエン酸。尿酸値を下げる食べ物とは?

  LINEで送る

2015年の痛風仲間の尿酸値対策

私と仲間たちが行っている尿酸値を下げる方法は主に

  1. .継続的な運動
  2. 食事制限
  3. 水を飲む
  4. クエン酸
  5. アンセリン

 

尿酸値を下げる方法はいろいろあるが1つの方法ではなかなか旨くいかない。
この中で1つだけで何とかしようと見事に失敗する。

 

自力で数値を下げたいのなら上記の中から最低2つは選んで頂きたい。
間違っても、クエン酸とアンセリンなんて組み合わせでは話にならん。
食事制限か運動をメインしなければダメだ。その他に1つだ。

 

どの方法も、暴飲暴食をしたら身も蓋もない。
なんて、言うのは簡単だがそんな厳しい事ばかり、私や仲間達が出来るわけがない。

 

食事制限について

私や仲間たちが行っていることは、尿酸値の上がりそうな食べ物は極力控える。
でも、食べないわけではない。食事の量を減らしている。
昔から言われている腹八分目だ。

 

なんて、そんなこといつまでも続けるなんて出来るはずもない。
出来ない事は、初めからやらん方が良い。時間の無駄だな。
という事で、腹九分目にしている。

 

腹九分目!微妙な言い回しだが、少し抑える感じだ。
そのくらいが継続して出来る範囲だ。

 

プリン体が多い食べ物は極力避けることは言うまでもない。
一時的に痩せるなら6分目でも5分目でも良いのだが、若い衆じゃあるまいし痩せる意味が違う。その程度で結構!

 

運動について

継続的な!とは言うものそんな毎日、毎日ジムなんかには通ってはいられない。
ジムにいつ行ってもいるオヤジはどこのジムでも見かける。私が不定期に行っているのにいつもいる人達だ。

 

そういう人は、筋肉マニアかアスリート。ほとんど生き甲斐に近いのだ。
そんな人と一緒にはなれない。
いつも居る人でも1年くらいは通ってやめる人が殆どだ。最初だけなのである。

 

筋肉量に限っては最低週に2回は行かないと筋肉量も変わらない。それも半年以上の期間が必要とする。
特にいいオヤジ(40代)はちょっとやそっとでは筋肉などつかない。週1回なんかでは無理だ。しかし、1回つけてしまうと筋肉が衰えてもすぐに戻る。なんでだ?

 

という事で運動は、週に2回は必要だ。
間違っても週1回などという意味のない事をしないで欲しい。

私は自転車通勤をしているが、これも会社の異動や天候でままならない。
最近はせいぜい週2回くらいだ。さすがに嫌になってきた。というか飽きてきたぞ。

 

水について

水については、いろいろ記事に書いた。
水道水ではなく天然水。どうせ飲むならパナジウム天然水。
もう一つおまけにパナジウム天然水の白湯(さゆ)にする。
【緊急記者会見】世の中で一番安くて体に良い飲み物とは?という具合だ。
飲む量は1L位で済んでいる。水道水の場合は2L飲んでいる。

 

クエン酸やアンセリンは人による。

アンセリンは効果無い人もいれば、ある人もいる。
という具合だ。試しに!という気持ちで期待しない方が良いぞ。
※1/28追加、最新のアンセリンサプリ情報。ちょっと考えを改めねばならん!

 

どちらかというとお金がかからない分、クエン酸(お酢)の方がお勧めである。
これも飲み方(こまめに飲む)を守る事。

 

私の場合はクエン酸など最近は飲まない。
その代り食前にクエン酸の入った物を食べる事が多い。
昼ごはんの時にスーパーで割引の酢の物を買うようにしているのだ。
これもまず最初に食べている。
結構、期待しているのだ!新しい試み!昼ごはんに食べている物とは?

 

クエン酸入りのパナジウム天然水の白湯(さゆ)!
なんて効果ありそうだがそんなもの試した人などいない。(^。^)

 

この中で自分に合いそうな方法を各自取り入れている。

 

追加

小笠原のオヤジがサプリを変えたらしい!
いいサプリがある!これは含有量が桁違いだ。少し値段が高いがな。


大食漢とそうでない人

私の痛風仲間には大食漢とそうでない人がいる。

 

太っていて大食漢・食べる事が好きな人は、やはり食生活を改善しないと何をやってもダメだ。
食にこだわりはない人は数値は下がりやすい。

 

大食漢や大酒飲みの人の場合

もともと大食漢や大酒飲みの人は、食事制限は必須項目だ。
村田や痛風の巨人、小田のような大食漢で大酒飲みはカロリーを控え、酒を控える。

 

大酒飲みに酒を控える!なかなか難しい事だ。
だから、いつまで経っても尿酸値が下がらないのだ。
大酒飲みや大食漢に「飲むな、食うな」は、はっきり言って無理である。

 

痛風の巨人、小田も初めは運動をし食べ物に気を使い、酒も控えていたのだが、せいぜい 半年で新薬(フェブリク錠)を処方された途端に挫折したのであった。
そんな事は初めからわかっていたのだが・・。

 

それが出来ないのなストレスを貯めずに自然に楽して下げる方法とは?が一番良い。

 

食が普通の人の場合

  • 前田のオヤジのように水だけで落ちてしまう場合がある。
  • 私エハラの場合継続的な運動を取り入れて、プリン体の多い食べ物を極力避ける事で数値を下げた。
  • 小笠原のオヤジはアンセリンと継続的な運動で下げた。

 

先日のタケシのテレビでも言っていたが、尿酸値を痛風発症ギリギリの数値で抑え、長年過ごしたあげくに、心筋梗塞を発症した例があるそうだ。
私の周りには、そんな人居ないがそういう事になる可能性もあるのだろう。
世の中にはこれと似たような人はかなりいると思う。

 

酒が飲みたい!でも痛風は痛いから嫌だ!だから発症するギリギリの線で抑える。
しかし、痛風発症の数値を自分で把握し微調整するとは、大したもんだ!そこまでして酒が飲みたいか!

 

どちらにしても、あまり好ましくない方法である。

 

方法としてはこのくらいか!
今年も始まったばかりだ!まだ、まだいろんな事を試して報告しよう。


 

 

いきなりですが!

足が痛い!メタボおねぇ課長の尿酸値を下げる日々

 

マンガで見る尿酸値対策
更新中です。