尿酸値を下げる食べ物とは?

  LINEで送る

尿酸値を下げる食べ物とは?

簡単に言うと。

尿をアルカリ性に傾ける食材により尿酸が溶けやすくするというものです。
要するに体に尿酸がたまらないという事。
難しいことは、他のサイトを参考にして下さい。
別にその食材自体にプリン体が含まれて無い訳ではないのです。

 

  尿酸値を下げる(尿をアルカリ性に傾ける)食べ物とは?

  • ひじきやわかめなどの海藻
  • キャベツ、ホウレンソウなどの野菜
  • バナナ、グレープフルーツなどの果物
  • サツマイモ、サトイモ、ジャガイモなどの芋
  • 干しシイタケなどが代表選手だ。

 

いくら、尿酸を溶けやすくするといってもプリン体が多い食材をわざわざ食べることもないだろう。

 

わかめはプリン体(262mg/100g)と多い。
ほうれん草の葉(51mg/100g)はいいのだがほうれん草の芽部分(171mg/100g)はプリン体が多い。芽など食べえた事が今まであるのかわからんが・・。

 

痛風持ちの大敵!干しシイタケも(242mg/100g)もある。

 

大豆(172.5mg/100g)なども同じで尿をアルカリに傾けるには良いのだがプリン体が多い。では、豆腐は?(31mg/100g)と思うがこれはプリン体が少な目である。じゃあ、納豆は?(113mg/100g)これまたプリン体が多い。

 

アルカリ性に傾けるのはいいのだが、プリン体が多いのは困りものだ。
面倒だな!こういったことが尿酸値を下げるのは難しいと言われる由縁なのだ。

 

こんな事をいちいち気にして日々を過ごす事など最初だけである。
そのうち、やってられん!という事になるのがオチなのだ!

なのだ!が多いな。いつの間にか天才バカボンのパパより年上になってしまった。
バカボンパパは41歳なのだ!関係ないな・・。

 

SPONSORED LINK

 

 

 

 

 

 

 

いきなりですが!

足が痛い!メタボおねぇ課長の尿酸値を下げる日々

 

マンガで見る尿酸値対策
更新中です。