尿酸産生過剰型と尿酸排泄低下型と菊花ポリフェノール

  LINEで送る

尿酸産生過剰型と尿酸排泄低下型と菊花ポリフェノール

 

尿酸が高い原因とは?

尿酸産生過剰型
人より尿酸を生産してしまう体。
尿酸排泄低下型
尿酸が排泄できにくい体。
の2つある。ひょっとして、ダブルのパワーを秘めた人もいるかもしれない。

 

尿酸産生過剰型で尿酸排泄低下型
要するに、尿酸は人並み以上に作り出すのに排泄するのは人並み以下!
さすがにそんな人は、聞いたことはないけれどね。
こんな人は、全身痛風で身動きができんだろう。想像しただけで恐ろしいことだ。

 

尿酸産生過剰型の人は、尿酸になりやすい食べ物を控えたほうが良い。
これは、とにかく食べ物に注意するしかない。

 

尿酸排泄低下型の人は、尿酸は人並なのだから、排泄すれば良い。
この人は、尿酸を排泄すればよい。水を飲む事。
(尿酸は約1200mgため込むことが出来る。)

 

では、ダブルの人は?そんなことはわからん。

 

だが最近、菊の花が着目されている。
そう、日本にも昔からある菊の花である。
その中の菊花ポリフェノールという成分です。

 

この菊花ポリフェノールのすごいところは、尿酸産生過剰型で尿酸排泄低下型の人にも効果がある。
普通は、どちらか。というものが多いがどちらでも効果的というところがすごい。
私と違い働き者だな。

 

尿酸を作りすぎずに、排出もしやすくなる。という痛風もちにとっては魔法のような成分なのだ。

 

この菊花ポリフェノールは、菊花茶というなじみのないお茶で摂取できるということである。
私は聞いたことがなかったのだが、昔からあるお茶なのだ。

 

話によると中国で菊花茶は飲まれているということだ。
ウーロン茶や麦茶のようにがぶがぶ飲むものではないらしい。
漢方的な扱いだ。そのうち、流行るかもしれない。

 

これを毎日麦茶のようにがぶ飲みしたらいいのではないか。

 

サプリメントでもあるということだが、それでは面白くないしお金もかかる。
最近のサプリは、原価は安いのに価格は高いばかりで話にならん。

 

菊など、どこにでもある花なのだから、菊花茶など自前で作る方法はないのだろうか?
そのうち調べてみることにしよう。

 

SPONSORED LINK