尿酸値を下げる飲み物クエン酸(酢・レモン・梅干)の効果的な飲み方

  LINEで送る

痛風対策にクエン酸は良いのか?

よく聞く言葉である。このクエン酸含まれるのはお酢やレモン・梅干などである。
クエン酸の働きは
・疲労回復
・酸性体質(食生活のこと)を弱アルカリ性に傾ける。(尿酸が固まりにくい)
・脂肪燃焼

 

黒酢の効果もクエン酸のおかげなのです。

 

1日で取る量は、お酢なら1回に20mくらいレモンなら1個~半分位。

いちいちレモンを持ち歩くのは面倒なのでここはお酢しかないな。
グレープフルーツでも良いということだが、
オランウータンじゃあるまいし、そんなもの1日何個も食えるか!

 

うちの会社でも毎日黒酢をコンビニで購入して飲んでいる人はいるが朝に一回飲んでいるようでは効果ないのである。確かコンビニで100円くらいか。割高です。

 

1回で1~2時間の効果が持続するのです。
ということで、このクエン酸を1日に何回かに分けて飲みまくるのです。
食事前が一番良いのです。

 

ちょっとしたことであるがこれを知らないと意味がない。
朝昼晩、一日に何度か分けて飲まないと意味がないのである。

 

実はそんなことは続かん!お酢などそんなに飲んでいられないのだ。
レモンでも同じ。胃が気持ち悪くなるときがある。
やってみればわかる。せいぜい数ヶ月だろう。

 

ちなみに私は一日に5回位以上飲んでいた。

会社に常備して適当にペットボトルに入れていたのだ。
それで体をアルカリ性に傾ける。

 

勘違いしている人が多いのだが体がアルカリ性。そんなことは当たり前だ!体が酸性な地球人などいない。
アルカリだ酸性だなどと体がそんなにコロコロ変わるわけがない。
※右のペットボトルは私がお酢やレモンを混ぜて飲んでいたものだ。よく見るとる少し濁っている。

 

お酢が苦手ならクエン酸単体でもスーパーで売っているということだが試したことはない。尿酸値が下がった今、こんなマズイものは飲んではいない。

黒酢は、数回に分けて飲まないと効果はない!

※と言ってもお酢ごときで尿酸値がガンガン下がるなら誰も苦労はしない。あまり当てにしないほうがよい。サブくらいに考えることだ。私が散々飲んだ結果なのだ。

 

効果的な飲み方!なんて記事を書いておいて忍びないのだが、はっきり言うと、ほとんど尿酸値を下げる効果まで至らない。

 

クエン酸はダイエット効果がるのでこのようなチビチビ飲むことが推奨されている。
要するにダイエット方法の1つなのだ。しかし、これだけでは痩せん!

 

SPONSORED LINK

 


いきなりですが!

足が痛い!メタボおねぇ課長の尿酸値を下げる日々

 

マンガで見る尿酸値対策
更新中です。