世界の痛風民間療法

  LINEで送る

世界の痛風民間療法

世界には、いろんな痛風に関する民間療法がある。
根拠が無い!野暮なことを言うもんじゃない。だから民間療法なのだ!

 

日本でもあるだろう。風邪をひいたとき卵酒を飲む。とか
こんなもんは、ただタンパク質をとって体を温めて寝るだけだ。

 

ということで世界は広い!痛風で悩む人も日本より多いし、歴史が違う。
アレキサンダー大王だって痛風だったということだ。
そんなまとめである。

 

くれぐれも間に受けないようにしてくれ。

 

嘘ではないのだが民間療法とは身近なものでこんな事に効果がある!
という昔の人の知恵なのだ。
まんざらでもない方法も多くあるのだ。ヘボもあるけどな。(^O^)


世界の痛風民間療法記事一覧

これは、昔からある痛風の民間療法だ。まあ、アメリカからの発信なのだが。1950年に発表されている。ルートウィヒ・ブラウ博士というおっさんだ。米国リウマチ学会の学会誌Arthritis & Rheumatismでも「チェリーを2日間食べると食べた人と食べなかった人では痛風発作のリスクが35%下った。」ということである。日本でこんなことを言うと「きっと、日本さくらんぼ協会から寄付金でも、もらっているの...

イギリスとオーストラリアではセロリの種が痛風に効果的!伝統的な民間療法なのである。日本でいえば「虫歯に梅干のシソを詰める。」ようなもんなのであろうか・・。※これがセロリのたねセロリシードだ!科学的なデーターはなんもないのだが、よく効く!と評判なのだ。ホントか?セロリの種が痛風に効果がある要因は?抗炎症活性(炎症を抑えてくれる)が関係している。と考えられている。尿酸を体内から排出してくれるという。こ...